Moto Club Umbria

モト・クラブ・ウンブリア


「モト・クラブ・ウンブリア」(Moto Club Umbria)は、長年モータースポーツ界で活躍したプロフェッショナルたちが意気投合し、1999年に結成されました。その彼らの経験と情熱を傾け、2000年に開催されたのが「ラリー・デッ・ウンブリア」(Rally dell’Umbria)と「イタリアン・ライド・トゥ・テラン」(Italian Raid Tout Terrain)です。

その後「モト・クラブ・ウンブリア」は、オフロード・スポーツを中心に活躍することとなり、イタリア国内を始め、国際レースにおいても輝かしい実績をあげることとなります。

2010年にロードブック・ナビゲーションを採用し、長い年月をかけて蓄積されたナビゲーション・ルートに関する膨大なデーターベースをもとにして、ナビゲーションを愛用するライダーを中心にノー・コンペティションイベントを開催することとなりした。

そして誕生したのが、「アナーバシィ・トレチェント」(Anàbasi 300)です。そこではノー・コンペティション・ナビゲーションイベントとして、オフロードバイク専用のトラックが設けられ、すでに6回開催されたレースは、いずれも参加申し込み開始後、数日でソルドアウトとなっています。

2018年には「ラリー・デッ・ウンブリア」(Rally dell’Umbria)が復活! このラリーは開催地であるイタリア中部ウンブリア州の各地域を、ノー・コンペティションのイベントとして、ご自身が愛用するオフロードバイクで走破できる絶好のチャンスとなります。また、このラリーはオフロードバイクのレースではなく、ツーシリンダーエンジンのオフロードバイクのためのトラックが設けられています。3コースで構成されるトラックは、その美しさで名高い「ペルージャ」(Perugia)の旧市街がスタート地点であり、フィニッシュ地点となります。

Anàbasi 300

アナーバシィ・トレチェント

 

小さな「ラリー・デッ・ウンブリア」とも言うことができる「アナバーシィ・トレチェント」(Anabasi 300)は、約300~320kmのコースを三日間にわたり走り抜けるラリーです。このラリーでは、本格的なロードブック走行の魅力を存分味わっていただきたいという思いから、精密な100mロードブックを採用しています。そのひとコマひとコマにライダーの集中力が試される100mロードブックのコンセプトは、ナビゲーションの魅力を最高レベルに引き立ててくれることから、全てのライダーが喜びと共に満足感に浸ることができるでしょう。

Rally dell’Umbria

レッリー・デッ・ウンブリア

 

「モト・クラブ・ウンブリア」は、アドベンチャーツーリスモとして「ラリー・デッ・ウンブリア」(Relly dell’Umbria)の復活を決定しました。ラリー愛好家の期待に応えるレジャーラリーとして、普段体験できないウンブリア州の最高に美しい風景と、悠久の歴史をもつこの地域の新たな魅力を発見する絶好のチャンスとなります。ルートのレベルは、オフロードの魅力を存分に味わえるダートコースはもちろん、ノー・コンペティション・エンデューロとマルチシリンダーバイク向けの二つで構成されています。このラリーではそれほどタフさを求められないこともあり、多くのライダーの注目を浴びています。総走行距離約1000kmのコースは、一日300kmほどの三つのルートに分かれ、こちらも「ペルージャ」(Perugia)の旧市街がスタート地点であり、フィニッシュ地点となります。